ペットの防災

防災準備

地震などの災害はいつ起こるかわかりません。

いつ起こっても慌てないように日頃から準備をしておきたいものですね。

災害が起こったらどこへ避難すれば良いのか、避難経路はどうなっているのか、家族でどのように連絡を取るのか、何を持ち出すのか、ペットをどうするのか、家族で話し合いをしすぐ対応できるようにしておくことが大切です。

屋内でペットを飼っている方

地震が起きると、家具が倒れることにより避難経路が塞がれたり下敷きになったりすることがあります。また、ガラスなどの破損で破片を踏んでしまったり怪我をしてしまうこともあります。家具の転倒防止対策や、ガラス飛散防止フィルムを貼るなど対策をしておきましょう。忘れがちですが、水槽がある場合も転倒防止対策・ガラス飛散防止フィルムを貼ると良いですね。飼い主とペットのためにも、生存空間を確保できるようにしましょう!

屋外でペットを飼っている方

ブロック塀が崩れたり、瓦・ガラスが落下したりするので、そのような場所はできるだけ避けて飼育しましょう。

猫ちゃんの場合

猫ちゃんは、びっくりするとそこにずっと固まってしまうか、逃げてしまうかのどちらかと思います。そこで、洗濯ネットを活用してみてください。洗濯ネットに猫ちゃんを入れることで、かなり落ち着ついてくれます。洗濯ネットは通気性があるので、窒息にもなりませんし、なんといっても軽いし手軽に持ち運べます。一時的に洗濯ネットの中で落ち着かせたら、後でキャリーに移してみましょう。

飼育場所の確保

避難場所でペットを飼うことができない場合もありますので、事前にペットを一時的に預かってもらえる友人や親戚を探しておきましょう。

しつけとマナー

非常時には、クレート(ケージ)でペットを飼育することが考えられます。普段からクレートに慣れさせるようにしましょう。

避難場所は日常の環境と異なるため、怯えたり暴れたりすることが考えられます。犬の場合は、普段から社会化トレーニングを心がけ、むだ吠えしないようにしつけましょう。

ペットに所有者明示をすることは必須です。犬の鑑札や迷子札をつけたり、マイクロチップを挿入するなどして所有者明示をしましょう。

放し飼いや、糞尿の始末は、周囲の人たちに迷惑をかけてしまいますので普段からルールを守るようにしましょう。

人の防災グッズと一緒に保管

下記は、人間用の防災グッズと一緒にしておくと良いです。

常備薬           ペットの薬は、数日分を余分に用意しておきましょう。処方箋のコピーと一緒に薬袋も用意できると良いです。
療食  療法食の場合特に重要ですので、最低1週間分は用意しておきましょう。
ペット手帳                    ペットの健康状態や既往歴、飼い主の連絡先などを記録したもの、狂犬病予防注射済票やワクチン証明書など、ペットを愛護団体や知人・収容施設に預ける時に必要になります。
ペットの写真 迷子になった時に探す手ががりになります。また、飼い主である証明にも役立ちますので飼い主と一緒に写った写真も入れておきましょう。
リード、ハーネス 必ず予備で1本いれておきましょう。

ペット用持ち出し袋

餌と水

救援物資はすぐには届きません。ドライフードなど長期保管が可能なものを最低5日分は必要です。特殊なペットの餌は、救援物資で手に入れることはほとんどないので多めに用意しておきましょう。

リード、ハーネス、洗濯ネット(余裕があればキャリーバッグ、クレート)   

 ペットが興奮して、人を襲ったりすることも考えられるためリードで必ず係留しましょう。

小型犬や猫ちゃんはキャリーバッグ、中型犬などはクレートを寝床にできます*1

少量の猫砂・糞取り袋・ペットシーツ、新聞紙

周囲に迷惑をかけないよう、糞尿の始末は大切です。

猫の場合は、猫砂を少し準備しておきましょう。段ボールをビニール袋で覆い、少量の猫砂とちぎった新聞紙や砂と混ぜれば簡易トイレができます。段ボールがなければ、ビニール袋だけでも大丈夫です。

食器  食器はペットボトル・ポリ袋などでも代用できます。折りたたみの食器があればコンパクトにもなります。
ポリ袋 ゴミ袋や、猫の簡易トイレ・食器としても利用できます。

*1 キャリーバックやクレートは、避難するとなると実際持ち出すことが難しいかもしれません。このような大きいものは、いったん避難したあとで安全を確認し、取りに行っても良いでしょう。また、避難時には行政でクレートを貸し出してくれるところもあるようです。事前に貸し出しの準備があるか確認しておくといいでしょう。

お世話中に災害が発生した場合

お世話中に地震などの災害が発生した場合は、ペットを第一に考え安全確保します。

ご自宅が安全であれば、そのままお世話は継続となり、怪我をしていればお客様にご連絡し動物病院へ連れて行きます。お世話が不可能となった場合はまずお客様にご連絡をいれ、近くの避難先にペットと避難します。お客様と連絡が取れない場合は、横浜市の動物救援センターにて保護となります。